2007年09月29日

ボーリングのプロたち

ボーリングのプロのフォームを真似すればだれでもうまくでkるようになるとおもわてますが、実際はそんなに感嘆にはうまくなりません。プロのフォームは練習に練習を重ねた結果、完成したものなので、素人が真似てもうまくいくわけがないのでうs。フォーリングボーリングの上達の近道としてh、フォームをまねるのではなく、プロの練習方法やメンタルの弁居方法を真似るという地道な努力が結果手に似は最短のちかみちになるのです。
posted by ボーリング部 at 19:40| ボーリングの説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

ボーリングの説明

ボーリングのボールについての説明
直径:約 21.8 cm
重さ:4ポンド (1.81 kg) から16ポンド (7.25 kg)(ハウスボール、つまりボウリング場に用意されているボールはポンド刻みだが、マイボール、つまり個人所有のボールはより細かく、ポンド、オンスで表される。重い方がピンに弾かれにくいが、重過ぎるとスピードや回転が少なくなってしまうため、体力や技術に合った重さを選ぶのが肝要である。)
表面材質:硬質ラバー(エボナイト)、ポリエステル、ポリウレタン、リアクティブウレタン(ポリウレタンに可塑剤を添加したもの)、パーティクル系(リアクティブウレタンにガラスバルーンやカーバイドなどの粒子を添加したもの)に大別される。材質によりレーンとの摩擦が異なり、ボールの軌跡に大きく影響する。2005年9月、ボウリングボールとしては全く新しい素材であるエポキシ樹脂のボールが発売され、動向が注目されている。
シェル:ボールの表面素材の層。
コア:ボール内部の高比重の部分。本来は重量調整のためのものだが、バランス効果を得るため様々な形状や比重のものが使われる。従来は、ほとんど全てが軸対称だったが、1990年代後半から非対称コアを持つボールが次々に発売され、1つの流行になっている。非対称コアの持つ効果はマスバイアス(提唱者である M. ピネル氏の造語)と呼ばれるが、その有効な利用方法はまだ確立されておらず、力学的な解明が待たれる。
ウェイトブロック:コアとは別に、バランス効果を得る目的でボール内部に埋め込まれた高比重の部分。ウェイトブロックによりバランス効果を得るタイプは1980年代のボールによく見られたが、現在のボールの大半はコアが変形してウェイトブロックの役割を兼ねるタイプであり、安価なポリエステルボールなどに使われるのみとなっている。
ウィキペディア

ボーリングのボールについて
posted by ボーリング部 at 00:55| ボーリングの説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ボーリングについて解説。 ボウリング(bowling)とは、プレイヤーに対して頂点を向けて正三角形に並べられた、10本のピンと呼ばれる棒をめがけてボールを転がし、ピンを倒すスポーツ。日本での漢字表記は十柱戯。ワールドゲームズ参加競技、アジア競技大会の正式競技種目、国民体育大会の競技である。 ウィキペディア参考。 当サイトでは、ボーリングについてフォームや正しい投げ方、持ち方、上達方法などを管理人の体験を元に解説しておりあます。 当サイトのボーリング上達方法がお役にたてれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。